土日、,祝日、祭日や夜間の在籍確認について

在籍確認は、あなたが電話に出なくても在籍していることさえ分かればそれでOKです。
「今席をはずしています」「今日はお休みです」
このような返答でも問題ありません。無事、審査通過で晴れて即日融資が可能になります。

 

しかし、会社そのものが休みの場合はどうすればいいのでしょう?
特に土日や祝日、夜間など、会社そのものに電話をかけても誰もでないような時間帯の場合はどうやっても在籍確認は不可能です。

 

在籍確認にまでたどり着ければ、審査はほぼ通ったも同然。
審査の最終確認が在籍確認になるので、電話にでてもらえずに即日融資ができないとなると悔しい思いをすることになりますよね。

 

では、土日祝日や夜間に即日融資を受けたい場合、会社が休みや終了している場合はどのように在籍確認は行われるのでしょうか?

 

基本は在籍確認回避は難しい

まず、アイフルは在籍確認を回避することができません。
銀行やクレジットカードも、ほとんどの場合が回避することはできないんです。
夜間に契約に行って、在籍確認が取れない場合、キャッシングが可能となるのは翌営業日以降となります。
平日の昼間しか会社があいていない、または電話の取次ぎがないような会社の場合は、アイフルでの夜間の即日融資は避けた方が無難です。
もし、どうしてもアイフルで契約したいのであれば、夜間に申し込みを行って、翌日の日中に在籍確認の電話を受けてから、その日の夜間に最後の契約をすれば翌日にはキャッシングが可能になります。

 

特例として、場合によっては在籍確認のみ後日にしてくれるキャッシングもある

アコムの場合は、夜間や土日祝の契約の場合、在籍確認のみを後日として、限度額を低めに変更して即日融資の契約をしてくれるところもあります。
もし、どうしても即日融資を可能にしたい場合は、前もって今の時間帯は在籍確認が取れないんですが、と伝えてみましょう。
状況によっては、翌日以降に在籍確認をして、OKであれば希望限度額まで引き上げてくれる場合もあります。
とにかく一度、契約の際に在籍確認について確認してみることが時間短縮につながりますので、契約の際まずは会社の電話がつながるかどうかだけでも確認しておきましょう。

 

電話での在籍確認について

今のところプロミスだけですが、最初に在籍確認の方法を選択できる場合があります。
もちろん、電話で確認の方がスムーズで、限度額も希望額で契約することができます。
しかし、どうしても電話での在籍確認に対して要望がある場合、申込完了後すぐに相談してみるようにしましょう。

 

ただし、これは他社の借入状況や収入の状況などもありますので、全ての状況で要望を聞いてもらえるかどうかはわかりません。
詳しくは、前もって電話で確認してみるのがいいでしょう。

 

平日でも在籍確認が難しい時代になっている

消費者金融の在籍確認は、個人名で社名がばれないように本人宛に電話がかかってきます。
あなたが電話に出た時点で、社名が明かされ、在籍確認OKです、との会話をして終了する、簡単なものです。

 

しかし、最近では個人情報保護の問題もあり、簡単には取り次いで貰えない会社も増えてきました。
個人名で個人宛に電話をすると、用件を聞かれ、用件を伝えることができない場合は、在籍しているかどうかも返答して貰うことはできません。
「ご用件を承ってからでないと、返答できかねます」
このように受付の電話で言われてしまうと、在籍しているかどうかというのは分かりませんので在籍確認にはなりません。
そのような場合は、消費者金融側の措置を検討してもらうか、何とか前もって電話を取り次いで貰えるようにするほかありません。

 

私の会社も同じような理由で、個人名だけでは電話を取り次いでもらえません。
そこで、消費者金融に前もって電話をしておき、どのような個人名で電話をかけてくるか確認しておきます。
そして、受付で個人名を伝えて取り次いで欲しいと伝言したあと、消費者金融に改めてもう一度電話をかけます。

 

そうすることで、スムーズに取り次いでもらえたので在籍確認はOKとなりました。
それくらい、面倒な時代なんですね。

 

どうしても電話の取次ぎが面倒だったり、ややこしい場合は、書類のみでOKのところで契約した方がスムーズに即日融資を実現することができますので、前もって確認しておきましょう。