即日融資は消費者金融がオススメ

即日融資には、銀行・消費者金融・信販会社と大きく分けて3つあります。
信販会社はクレジットカードやローンの時に利用されることが多く、あまり即日融資のイメージがありませんね。
また、銀行は最近ようやく即日融資を始めたばかりですが、いくつかその日のうちにお金を借りることができるようになりました。
とはいえ、銀行の審査はまだまだ消費者金融に比べると厳しく、審査に時間がかかることがあります。

 

今日中にどうしてもお金を借りたい!という人は、消費者金融の即日融資がオススメです。
銀行と比べて消費者金融は金利が高いですが、それでもオススメするにはいくつかポイントがあります。
銀行で借りたい・・・でも時間がかかるし、何社も申し込む時間もない、と悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

 

即日融資に消費者金融をオススメする理由

無利息キャンペーンがある

消費者金融の即日融資をオススメする一番の理由はこの無利息キャンペーンです。
一定の期間以内なら利息が0円でお金を借りることができるという、最強の低金利のサービスです。
即日融資の場合、借りたい金額は小額が多いと思うので、無利息期間に完済してしまえば友達に借りるのと同じ感覚で借りることができるんですね。

 

審査スピードが確実に速い

ほぼ間違いなく、1時間以内には終了します。
実際の本審査時間は、サイトなどで宣伝しているように30分程度だと思います。
書類を送付し、カードを受け取るまでのトータル時間はほぼ1時間あれば完了します。
回答もほとんどの場合30分で完了しますので、万が一審査に通らなくても時間の余裕があります。

 

50万円以下は収入証明が不要の場合が多い

消費者金融の即日融資は、50万円以下は収入証明不要で借りることができるところがほとんどです。
収入証明って、今日借りたい!というときにすぐに揃わない可能性がある書類。
給与明細でもいいですが、手元に無ければ会社に貰ったりしなければいけないので、意外と今すぐ手元にそろえるのは難しいんです。
消費者金融は50万円以下なら収入証明が不要なので、今日借りたい人にはピッタリなんですね。

 

銀行に比べると金利は高め。しかしスピードは業界一!

消費者金融は銀行に比べるとどうしても金利は高く設定されています。
銀行が14%前後に対し、消費者金融は18%に近い金額に設定されています。
大きい金額を借りると金利は下がっていきますが、小額で借りる場合はどうしても金利は高い金額に設定されてしまいます。
しかし、金利が高いですが、それに劣らずスピードは業界一で最速。
ほとんどが20時頃までに申し込めば即日融資が可能なのが消費者金融のすごいところです。

 

金利が気になる方は、少ない金額を借りたらすぐに返済する、または無利息キャンペーンの期間に返済してしまえば問題ありません。
消費者金融をいいとこ取りして上手に利用する方法は、とにかく無利息キャンペーン期間に全額返済してしまうこと。
そうすれば、低金利で即日融資をすることができるため非常に便利で使いやすいカードローンです。

 

消費者金融の即日融資でお金を借りる〜体験談〜

消費者金融で実際にお金を借りたことがある私の体験談です。
今から契約しようと思っている方はぜひ参考にしてくださいね。

 

どうしても今日お金が必要に・・・

急な出費でどうしても今日中にお金が必要になり、既に夕方でしたが消費者金融の即日融資にWEBから申し込みました。
必要な金額は5万円。なんとか貸してくれないかとわらをもすがる思いで申し込んだところ、パートをしていたので無事契約することができました。

 

5万円を借りるつもりが限度額は20万円に

審査の時に、5万円借りたいと伝えたら、融資可能額が20万円として設定されていました。
ちょっと気にはなりましたが、とにかくその場で5万円借りることができたのでほっとしてATMで借りました。

 

無利息期間は30日間

私の契約した消費者金融は、無利息期間が30日間でした。
最初に借りた5万円は1週間後に全額1回で返済したので、利息はかからず。
その後、何度かお金を借りる必要があったので1万円とか2万円とか借りていました。
それらも全て、無利息期間だったので自分の口座からお金を引き出す感覚で借りられたのがとても便利でした。

 

無利息期間が終わってからも利用しています

無利息期間が終わった後、その後も時々困った時に借りることがあります。
はじめに無利息期間が終わった後に3万円借りたときに、いつものように1回で返済しようとしたところ、利息がついていたのでこれは気をつけなければ、と改めて思いました。
利息はどうしても銀行よりも高いので、高い金額を借りてしまうと利息がもったいないイメージが出てきてしまいます。
少ない金額を、銀行口座からお金を借りるのと同じような感覚で出し入れすれば、金利もそんなにかからずにすみます。

 

私が決めているのは、借りた金額は必ず1回で返済する、返すまで借りない、を徹底していました。
そうすることで、いざというときにすぐにお金を借りることができるのでとても便利に利用することができています。