祝日の即日融資ができなかった!よくある失敗ランキング

祝日だけど即日融資の契約ができると聞いて申し込んだら、うっかり失敗して翌営業日になってしまった!
祝日の即日融資はちょとしたうっかりミスでも、平日とは違って翌営業日になってしまいます。
よくある失敗をランキング形式でご紹介しますので、祝日に即日融資を申し込む際は事前に見落としがないか確認してください!

 

よくある祝日即日融資の失敗ランキング

現住所が違った!

身分証明の免許証の住所を引越し後変更していなかったため、現住所を証明できないパターン。祝日の場合、住所変更もできませんし住民票も取得できないので翌営業日になってしまいます。

公共料金の支払いの書類を持参すれば解決するかも?

住所が違う場合は、公共料金の請求書など現住所が書かれているものを持参しましょう。

 

WEB完結でカードが手元にない!

WEB完結で自宅から全て手続きを行ったため、振込キャッシングができないパターンです。
祝日は銀行はやってませんから、キャッシングができるのは翌営業日になってしまいます。

カードは取りに行く

途中までインターネットで契約をして、最終的にカードだけを無人契約機にとりに行くことができるので、祝日の即日融資の場合はカードを取りに行くようにしましょう。

ネットバンクが利用できるかどうか確認する

一部のネットバンクなら、祝日でも振込に対応しているところがあります。ネットバンクを持っている方は、自分のネットバンクが対応しているか先に確認しましょう。

 

祝日で在籍確認ができない!

祝日のため会社が休みで誰も電話に出ない状況の時は、どうやっても在籍確認ができません。在籍確認ができる平日に契約が伸びてしまうパターンです。

在籍確認が書類で済ませられるところもある

このような場合を想定して、社員証や給与明細で在籍確認の代わりにしてくれるところもあります。先に確認しましょう。

在籍確認を後日にしてくれるところもある

融資金額を下げて、一旦その日に契約をして翌営業日に改めて在籍確認をしてくれるところもあります。

 

祝日の即日融資は21時までに

祝日でも変わらず即日融資は21時までに申し込めば契約が可能です。
審査時間は21時までなので、それまでにWEBから申し込みましょう。
ただし、祝日の場合は公共機関や銀行はお休みであることを忘れないようにしてください。
必要書類が足りなかったり、振込キャッシングにしてしまったりすると、せっかく審査に通過しても休み明けになってしまいます。

 

もし、祝日のため在籍確認ができなかったり、振込キャッシングに対応していなくても、その場で申し込みさえ完了しておけばキャッシングは朝から可能です。
振込の場合は銀行が営業開始する9時から、在籍確認は会社に連絡がつく時間から行えますので、あせらずに一旦契約をして翌日早い時間にキャッシングをするようにしましょう。