即日融資の借入限度額は?

即日融資でお金を借りたい金額はどれくらいでしょうか?
「今日中にどうしても500万必要なんだ!」という方はいますか?
ほとんどの方が生活費や交際費などの不足分を借りたいという方が多いですよね。
金額でいうと、10万円くらいまでの場合が多いのではないかと思います。

 

即日融資の借入れ限度額というのは、キャッシングによって違います。
また、消費者金融のキャッシングやカードローンと銀行カードローンでも違いますので、自分が借りたい金額とキャッシングの限度額をまず確認して契約する必要があります。

 

消費者金融と銀行の限度額の違い

イメージとして消費者金融でお金を借りる場合、ちょっとしたお金を借りる時にすぐに借りられるというイメージがあると思います。
逆に銀行のカードローンなどは、事業資金や車など大きな買い物をする時に利用するイメージがあると思います。

 

消費者金融と銀行では限度額は大きく違います。
それは、消費者金融は「貸金業者」となり銀行は貸金業者に該当しないためです。
貸金業者は、「総量規制」という法律にのっとってお金を貸さなければなりません。

 

総量規制とは

個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限されること

 

この規制に消費者金融は該当するため、限度額はその人の年収の3分の1までに設定されることになります。
逆にいうとアルバイトやパートでも借りられるのはそのためです。

 

銀行にはこの規制がありません。
なので、銀行は大きな金額を借りる時に利用し、生活に必要なお金を借りるときは消費者金融を利用する、というイメージができあがったのです。

 

即日融資の借入れ限度額はどれくらい?

 

限度額

タイプ

プロミス

1〜500万円

消費者金融

アコム

500万円

消費者金融

アイフル

500万円以内

消費者金融

レイク

500万円

消費者金融

三菱東京UFJ銀行カードローン

10〜500万円

銀行

三井住友銀行カードローン

10〜800万円

銀行

みずほ銀行カードローン

10〜1,000万円

銀行

オリックス銀行カードローン

800万円

銀行

銀行は高額融資も可能、その代わり審査が厳しい

ご覧の通り、銀行は1000万近くまでカードローンを利用することが可能。
高い買い物も、カードローンで購入できて便利。
また、銀行は金利も低いので高額のお金を借りるだけではなく少ない金額でも利用すれば利息が安く済むのですが、なにせ審査が非常に厳しく、お金を借りることができるようになるまでとても時間がかかります。

 

例えば、10万〜1000万の枠内で借りることができる銀行は、1000万円の融資をあまり身元が確認できない相手に気軽に貸すことはできません。
勤務先の状況や、家族構成、保証人などの有無の確認も必要になってきます。
総量規制がないため、返済能力がきちんとあるかどうか隅々まで確認します。

 

この1000万円借りられる銀行カードローンで10万円借りるのに、厳しい審査と2〜3週間の時間を費やすのは大変だと思いませんか?

 

そういった理由もあり、少ない金額を気軽に貸してくれる消費者金融は、即日融資という最大のメリットを生かしてお金を貸しているというわけなんですね。

 

「即日融資」は銀行にもありますが、基本的に即日融資をかなえてくれるところは銀行であっても限度額が500万までくらいだと思っていただいていいと思います。

 

即日融資の契約後最初に借りられるのは20万くらいまで

これは経験談ではありますが、私が最初に消費者金融のキャッシングを契約した際、限度額は20万円でした。
最初から500万の限度額いっぱいまで貸してくれるところはほとんどないと思っていいと思います。

 

では、この限度額500万とはどういう意味なのか?

 

これは、返済を積み重ねていったり、一度完済したりして返済の実績ができた時に、「限度額の引き上げ」という方法でアップしていきます。
これはキャッシングの方から「限度額のアップができるようになりました!」などという案内が来ると、アップすることが可能になります。
20万、50万、100万・・・といった具合にアップされていき、最終的な限度額は500万ということになります。

 

最初から100万借りたい人と5万円借りたい人とでは、同じ消費者金融でも審査の厳しさは違います。
しかし、最初に10万程度の限度額からスタートすれば、あなたの年収の3分の1までは借りることができるようになります。
どれくらいの時間がかかるかというのは分かりませんが、意外と半年程度の返済でアップできたと思います。