即日融資の借入限度額はいくら?

キャッシングやカードローンでお金を借りる時に、いくら借りるか?ということは最も重要なポイントです。
しかし、5万円、10万円を借りたい人と、300万円借りたい人とでは、キャッシングやカードローンを選ぶ時の基準は大きく変わってきますし、また金利についても5万円借りたい人よりも真剣に考えなければなりません。

 

300万円借りたい人は、恐らく銀行カードローンを利用する方が賢いでしょう。
消費者金融で300万円借りるのは、総量規制の問題や金利の問題などがあるのであまりお勧めはできません。
このように、キャッシングやカードローンには、借りたい金額に応じた特徴や利点が存在するものです。

 

即日融資というのは、その日のうちにすぐにお金を借りたい人が利用するためのもの。
そのため、審査は甘く、スピードを重視している代わりに金利と借入限度額も銀行に比べて低めに設定されています。

 

では、即日融資での借入限度額とは実際いくらなのか?
多くの消費者金融のサイトでは、300万円、500万円、中には1000万円まで借り入れ可能という表記が並びますが、実際即日融資でこの金額をすぐに借りることができる人はほとんどいないでしょう。
初回の借入れの場合の限度額は、ほとんどの場合50万円以下になると思います。
それが、甘いスピード審査で貸してもいいであろうと判断できる金額だからかもしれませんね。

 

即日融資の借入限度額は低い方が有利

即日融資の場合、低い金額を希望融資額に設定すると審査がスムーズに進みます。
10万円借りたいけど、何かこの先必要なことがあるかもしれないからこの際50万でお願いしようという風になると、50万円の融資の審査を受けることになってしまいます。
そうなると、どうしても審査が厳しくなり、希望額は10万円だったのにもかかわらず、審査落ちということにもなりかねません。

 

私は希望額を10万円で申し込んだところ、審査は無事通過。
しかし、借入限度額は20万円になりました。
ほとんどの消費者金融は、初回の希望額が10万以下の場合は20万円で設定して審査をするのではないかと思います。
3社とも10万円で申し込みましたが、全て初回は20万円スタートでした。
ただし、他社の借入れ状況にもよるので確実な情報ではありませんが・・・。

 

ほとんどの即日融資は50万以下が収入証明不要

収入証明が必要な金額を初回から申し込むと、どうしても審査が厳しくなります。
50万円以下は収入証明が不要のところが多いので、その金額を目安に希望額を決めると審査に通りやすいでしょう。
ただし、他社の借入れがある場合は収入証明を提出する必要がある場合もあります。
即日融資の契約の際、他社の借入れがある方は念のため収入証明を準備しておきましょう。

 

逆に銀行カードローンの場合は、総量規制がありませんので借入れの際の限度額がありません。
年収の3分の1の規制を前提に、消費者金融の場合は審査を行っていますが、銀行の場合は特に制限なく借入することが可能です。
しかし、銀行はそれだけにやはり審査はシビアなので、即日融資で借りたい場合は消費者金融のほうが確実です。

 

借入限度額は返済実績を重ねれば引き上げられる

お金を貸す側の本音としては、やはり多く長く借りてもらいたいもの。
初回はどうしても返済実績がないためなかなか大きな金額を借りることは難しいですが、半年程度遅れることなく毎月返済をしていれば、借入限度額は引き上げられていきます。

 

私は最初は20万円の限度額で借りていましたが、半年ほど返済していて完済したりしていたこともあったせいか、電話がかかってきて限度額の増額が可能ですがいかがですか?と言われました。
電話だけでなく、店舗のATMでキャッシングしたりすると、限度額の引き上げができます、などの表示を見たこともあります。
返済の実績さえ確認できれば、借入限度額は比較的短期間で引き上げることができます。

 

最初は小額で確実に即日融資の契約を行って、その後限度額を引き上げていくのが確実な方法です。
初回から50万円以上借りたい場合は別ですが、もし今必要なお金が10万程度であれば、最初はその程度の金額で申し込むのが確実に即日融資が実現できるポイントです。