即日融資の審査時間は平均どれくらい?どこが早いの?

即日融資は、代表的なものでは銀行と消費者金融、信販会社の3種類があります。
審査の内容や審査時間は、それぞれ全て異なりますが、最近ではどこも30分以内には審査が完了するようです。
たった30分で審査ができるので、その日に申し込んでその日にお金を借りる、という即日融資が可能になっているんですね。

 

平均時間は30分程度ですが、時には1時間〜2時間かかる場合もあります。
どのような時に審査に時間がかかるのか、また銀行・消費者金融・信販会社とどれが審査時間が早いのか?
それぞれの審査内容と一緒にご紹介します。

 

キャッシングの審査 平均時間は?

銀行の場合・・・30分〜1週間以上

最近では即日融資を銀行でも行っているので30分程度で終わるところもありますが、基本的に銀行の審査は時間がかかります。30分との記載もありますが、即日融資でも1時間以上かかる場合もあります。
銀行は、総量規制対象外のため高額の融資も可能です。
借りたい金額が大きい場合は、おのずと審査の内容も複雑になり、時間もかかってしまうということです。
低めの金額であれば、平均30分程度です。

 

消費者金融の場合・・・30分

消費者金融は即日融資の中ではもっともスピーディです。
審査スピードを売りにしているため、審査内容も簡単で、すぐに結果が分かります。
その代わり、総量規制対象なので高額の融資はできません。
50万以下の場合は収入証明が必要ない場合もありますので、希望金額が低ければほとんどの場合は30分以内に結果がわかります。

 

信販会社の場合・・・1日〜1週間

信販会社はあまり即日融資を行っていないので、その日のうちに審査結果がわかることは少ないです。
クレジットカードのなども、下手をするとカードが送られてくるまでに1ヶ月程度かかってしまったりしますし、在籍確認の電話も1週間くらい経ってからかかってきます。信販会社の場合は、急いでいる人が少ないためあまりスピードを重視していません。
その代わり、すでにキャッシング枠つきのクレジットカードを持っている方は、すぐに利用することができるのでそういった意味ではスピーディかもしれません。

 

即日融資の審査が最も早いのは、消費者金融。
どうしてもその日のうちにお金を借りたい場合は、最初に消費者金融で申し込むのが最もスピーディです。
逆に信販会社はクレジットカードを持っていない場合は避けた方がいいでしょう。

 

キャッシングの審査はなぜ時間がかかるの?

30分は早い、とはいえ、30分も何を調べているのだろう?と思いますよね。
キャッシングの審査は、基本的には信用情報とあなたの証明書を元に審査を行っています。
しかし、それプラス、「この人はきちんとお金を返してくれる人かどうか」という部分も当然審査しています。

 

消費者金融も銀行も、即日融資が可能なところは、できることならお金を貸したいのです。
しかし、貸したお金が返ってこなかったら利益になりませんよね。
そういう意味でも、「本当に大丈夫か」というところを審査しています。

 

過去に返済が滞っていた人や、現在返済が遅れている人にはお金を貸すのは不安です。
できることなら、過去にきちんと返済をしている人に借りて欲しいですよね。

 

また、書類や借入れ金額などを聞かれたときにウソを言う人も不安になります。
信用情報でそれらの情報は全てあちらには分かっていますので、ごまかして書いたりするとかえって印象が悪くなります。

 

この人ならお金を貸しても大丈夫、ちゃんと返済してくれるだろう

 

そのように総合的に判断をしているため、30分という時間がかかってしまうということですね。