急ぎで5万円借りたい!何が必要?

キャッシングやカードローンって、30万とか50万とか借りなきゃいけないと思っていませんか?
即日融資のカードローンなら、1万円や5万円などの小額でも借りることができるんです!
消費者金融や銀行のカードローンは、ほとんどの場合は身分証明書だけで5万円借りることができるんです。
急ぎでお金が必要なときは数万円程度のお金の場合が多いですよね。
そんな生活に必要なお金を借りるためには即日融資のカードローンが非常に便利です。

5万円借りるためには身分証明書のみで大丈夫

免許証を持っている方は免許証のみでほとんどの場合大丈夫です。
ただし、免許の住所変更をしていない場合は、公共料金の請求書などの現住所が分かる書類が必要なので注意してくださいね。
免許がない方は保険証や住民票など現住所が分かるものが1通あれば大丈夫。
国民保険証でもOKなので、わざわざ住民票を取りに行ったりする手間がなくすぐにお金を借りることができます。

土日祝日・夜間の場合は社員証や給与明細を準備しておく

在籍確認ができない場合はお金を借りることができません。
ただし、カードローンによっては書類のみで在籍確認OKとしてくれる場合もありますので、あらかじめ在籍確認ができないとわかっている場合は社員証や給与明細を準備しておきましょう。

 

5万円借りるために必要なものは、今手元にあるものだけで大丈夫。
消費者金融の場合、50万円以下の場合は収入証明は不要です。
なので、小額のお金を借りたい場合は消費者金融が最も便利です。

 

5万円だけ借りることは可能?

5万円借りたい人にとって、30万や50万の借入れは不要ですよね。
ついつい借りちゃいそうだし、5万円だけ借りたいんだけど・・・と思って聞いてみましたが、どうやら限度額は最少額でも10万円からのようです。
どうしても5万円だけ借りたいのに、という方は、10万円の借入れ枠で契約をした後、5万円借りて返済が終わったら利用しなければいいだけ。そのままカードを机の中にしまってしまえば大丈夫です。

 

カードローンはついつい借りすぎてしまうんじゃないかという怖さがありますよね。
しかし、一度カードを作っておいてその時に必要なお金だけ利用してその後はそのまま置いておけば利息がかかることはありません。またいざというときが来たときは、今度は審査を受けたりすることなくお金を借りることができますので、1枚持っていれば安心ですね。

 

5万円借りた時の返済をシュミレーションしてみる

5万円借りた場合の返済方法をいくつか挙げてみます。

  • 5万円一括で返済する
  • 1万円ずつ5回に分けて返済する
  • 3万、2万など、数回に分けて分割で返済する

皆さんお分かりのように、最も金利が安く済むのは5万円を一括で返済する方法です。
とにかく利息を安く済ませるためには、一括で早めに返済するのが一番。
でも、5万円くらいなら実際はどのパターンで返済してもそれほど利息の負担は大きくありません。

 

また、消費者金融のカードローンは、クレジットカードと違って繰り上げ返済ができるというメリットがあります。
返済日までまたなくても、臨時収入があったときなどに前もって返済することも可能。
1000円や5000円でも返済できるので、とにかく早めに返済することを心がければ問題なく返済できる金額です。
大切なのは、返済計画をしっかり立てること。
自分の決めた返済方法だといくら利息がかかるのかをしっかり把握して返済していきましょう。